1. TOP
  2. お知らせ
  3. カレンダー師走号

カレンダー師走号

c201612_148100どうして十二月になった途端に忙しなく感じてしまうのでしょうか。一救工房カレンダー十二月号です。
お陰様で一年間続けることができました。有難う御座いました。
最終号もお気に召しましたら印刷してお使いください。

今月号のほとけは、拙の創作、兎地蔵です。
先月最後の週末に、家族皆が愛してやまない兎が亡くなりました。家族全員に幸せな時間を惜しみなく与えてくれた兎に感謝し、その御霊が迷いなく彼岸に逝けるよう祈りを込めて彫りました。愛する者の弔いのため、そして来年が平和で悲しみのない日々の続く年であるよう、祈っています。祈り続けています。ただただ、祈っています。じっと手を合わせて。