1. TOP
  2. 製作近況
  3. 残暑の製作近況とご所望受付

残暑の製作近況とご所望受付

恐るべき暑さだった八月もすぎ少しだけ涼しい日が続いた先週までから一変、台風一過でまた涼しくなるかと思いきや昨日からまた真夏日が戻ってきたような陽気で体も頭もついていけずに参ってしまいますね、皆様におかれましては体調を崩したりなどしてらっしゃらないでしょうか。

2011年6月あたりから心を寄せて彫り続けてきました日々謹刻御行奉為の発願から6年半、細々と彫り続けてきたほとけが、久々に勘定しましたところ、先日六百体を超えておりました。

健康であること、過度な心労に苛まれることがないこと、家族や友人、周りの方々に恵まれること、様々なことが折り重なって成り立つ日常に己が座らせていただいていることに感謝が止まない昨今です。歳ですかね。

今年は年初に「今年こそ憤怒相に挑みたい」と己に約束していた通り、お不動さんに取り掛かってみております。初めて挑戦する憤怒の表情にどのように挑もうか、進み退きしながら少しずつやっております。
まずは出来る限り基本に則ったお姿をお迎えし、それを軸にまた色々と考えていってみようと思っております。

優しいだけでは律せない、進むべき道をまっすぐ進むためにはときには鬼の形相になって堪える苦しみを握りながら進まねばならないときが、生きていればどうしてもありますね。傷つけるものではなく叩き伏せるものではなく、人の心を鼓舞する形相、ただの怒りではない慈悲を湛えた睨み、それが彫れるかお迎えできるか、それとも己にはまだ早いのか。やってみようと思います。

さて。
ご所望いただいたほとけは特定のものを除いてほぼお送りし終えております。これをご覧になってほとけをご所望になった方がいらっしゃいましたら、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。お問合せはこちらから。

 

発願は二万体、さてこの生涯でどこまでこの数字に近づけるのやら、今日もまた祈りのままに彫り続けます。