1. TOP
  2. 祈り
  3. さわれない歌

さわれない歌

|

もしも、この眼が見えなくなったら
佛彫りはできるだろうか

常識的に考えたら
眺めて拝むものを彫るのに
その見た目がまったくわからず把握しようもない身体になったら
不可能だと誰もが云うだろう

しかし、本気でその状況を
全力で想像してみたら
僕は彫る事を止めないと思う

見えなくなってから彫ったものがこの生涯でたったのひとつも残せなかったとしても
それでも
僕は彫る事を止められないと思う

ならばどうやって彫るだろう

全力で想像してみたら
こんな風に彫るだろう

切っ先に指先を置いて
木の上を互いに共に滑らせながら
まるで木で刃を研ぐように
ときには指を刺し血を流し
途轍もない時間をかけて
まるで木で己を研ぐように

そんな風に彫るだろう

彫った木がどんな姿をしているのか
指先で撫でて観るだろう

見えない代わりに
観るだろう

そのときのために
観るということを鍛えよう
眼が在るうちに
見えるうちに