1. TOP
  2. 日常
  3. 0072

0072

|

去年の冬、二月くらいだっただろうか。
夜半ふと、ただ感じたままに何も、頭では何も考えもしないで言葉を綴り、そこに『明日も良い日に出来るように』と祈りを込めて、twitterとfacebookに投稿した。

それは、誰かに語りかけるように書いておきながら、実は自分に言い聞かせているだけの言葉で、大切なことを置き去りにしたまま日々を時間をぞんざいに扱ってしまいがちな自分への戒めにも似たもので、自分の言葉でありながらもそこに深い思慮をおぼえ、日々を丁寧に暮らすことの足掛かりになればと、書いた翌日になって思い始めたのだった。

それから、朝起きると、必ず考えるようになった。

『あなたの今日が良い日に出来ますように』

あなたとは、あなたのことでありながら、自分の、僕のことだ。
だから僕は、日々を、時間を、湯水のように使って感謝のない行動をしてしまいそうなときしてしまったとき、この言葉らをたまに読み返すのだ。

偉そうな文章だ、と感じる方がいれば、ここで謝っておきたい。
あなたに対して偉そうな口をきいているわけでは、ありません。
賢しらな言い草でも、あなたを正そうなどと、思っていません。
己への戒め、奢る己への鉄槌のつもりで、書いています。

そんな言葉らを、ちょこ☆さんという方がtogetterで「#あなたの今日が良い日に出来ますように」というまとめを作ってくださった。
お陰様で言葉らをいつでもいくらでも読み直すことが至極容易になった。有難いことに、書いた日付も入っているので、いつどんなことを想いながら過ごしていたかが、よく思い出せる。

読み返すと蘇るものがあることで、忘れそうになるのをとどめることが出来る。
そうすることで、動くべきなのか、待つべきなのか、退くべきなのか、それともそのどれでもないのかを、また思慮する機会を持つことが出来る。

一年くらいやったらネタも尽きてくるだろうし、終わりにしようかな、と思っていたが、日々想うことはなかなか尽きぬものだ。
それは、己がまだまだ未熟であり考えることが日々溢れ、己がよりよくなっていかねばならないそうなっていきたいという想いがあるからに他ならない、と、感じる。

良くも悪くも、自分はまだまだなのだ。
だからもう少し、続けてみようかと思う。

いつかその袂を掘って本当にお宝が埋まっているのか確かめてみたいのだ。

だから今日も僕は、僕の今日を良い日に出来たかどうかを想い返しながら、待っている。

 
 
 
虹がたつのを。