1. TOP
  2. 日常
  3. ありがとう

ありがとう

人の子は大きくなるのが早いというが、己の子も同じようなものだ。
この前生まれてついこの前あたりまでミニバスだの部活だのとやっていたと思ったら、もう高校を卒業して来年には成人式だという。なんということか。己が歳を取るわけだ。

己の時もそうだった。
高校を卒業するのだといっても将来が決まっているわけでもなくやれることをやれるだけやってきただけであって、それだけしかやっていないのに、何もかも自分の努力で片づけてきたような気になって、真に『感謝』ということを知らなかった。

親元を離れ菜っ葉一枚から手に入れなくてはならない一人暮らしをして初めて、己のために家族がどれくらいのことをしてくれていたのか、それを18年間もずっと変わらず続けていてくれてきたという事実に驚愕し、生まれて初めて『感謝』の本当の意味を知る。

いや、もしかしたら、まだ『本当の感謝』を自分は知らないかもしれない。
生きてきた道すがら、いつもいつも、色んな人からたくさんの人から受けた様々なことに対して『初めての感謝』を感じてきたから、『本当の感謝』などまだまだ知らないのかもしれない。

我が子に想う。
”『ありがとう』といい続けられる人生を”
と。

卒業、おめでとう。